ダイエットと美容に効くサプリ

ダイエットと美容に役立つサプリメントや健康情報をご紹介します。

*

コンドロイチンは体内でどのような働きをしているのか

   

コンドロイチン,軟骨,サプリメント
「コンドロイチン」ということばをよく耳にすると思います。CMやテレビなどでも紹介されていますが、コンドロイチンとはどのようなサプリメントなのでしょうか。
コンドロイチンの語源はギリシャ語のようです。ギリシャ語で「軟骨のもと」を意味しています。このコンドロイチンは「ムコ多糖類」で、加熱するとジェルのように性質が変わります。
コンドロイチンについてもう少し詳しく説明すると、粘りの性質を持っています。人の肌の真皮を作っている成分はいくつかありますが、その成分の1つがこのコンドロイチンとなります。
体内の軟骨部分には多糖が存在しています。その性質はネバネバしているので骨と骨の間にあると緩衝材のような働きをします。またもう1つ重要な働きがあり、骨と骨の間の摩擦を防ぐという役割を持っています。軟骨部分だけでなく皮膚、腎臓、肝臓、角膜や眼球などにもたくさん含まれています。
コンドロイチンは細胞に対しても重要な役割を持っています。人の体内には約60兆個の細胞があると言われています。コンドロイチンは細胞と細胞をつなげる役割もあるのです。さらに体内の水分を制御している役割もあります。このように非常に高い保水力があるのが特徴です。
以上のようにコンドロイチンはいろいろな役割を持っているため、サプリメントや化粧品の成分として使用されています。いろいろな用途で使われるコンドロイチンはいったいどこから抽出されるのでしょうか。通常は魚や哺乳類の軟骨から抽出されます。その中でもサメの軟骨から抽出される場合が多いようです。
今後もコンドロイチンは健康にいいものとしていろいろな用途で使われることが期待されています。

 - コンドロイチン , ,