キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

埋没毛になってしまったらまずは悪化させないようにケアすること!

   

埋没毛,カミソリ,毛抜き

最近はムダ毛を自分で処理する方が増加しております。自分で処理するとどうしても「埋没毛」になりやすくなってしまいます。この埋没毛にならないような対策をすることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

肌トラブルの原因

自分でムダ毛を処理する方が増加しているのは、皮膚科や美容外科にお願いするより費用がかからないことと、手軽さが理由であると考えられます。
ムダ毛を自己処理する代表的な方法は大きく分けて2つあります。まず1つは毛抜きなどで毛を抜く方法です。そしてもう1つはカミソリで毛を剃る方法です。どちらの方法も手軽にできるというメリットがありますが、肌トラブルを起こしやすいというデメリットがあります。

埋没毛になってしまったら

毛抜きやカミソリでムダ毛の処理をすると埋没毛になりやすくなります。通常は皮膚の表面から外側に毛が生えてくるのですが、以下のようなことが原因で毛が内側に生えてしまい、埋没毛になってしまう可能性があります。

  • 毛抜きでムダ毛を抜いたときに毛が途中で切れてしまった

  • カミソリでムダ毛を剃ったときに剃り残しがあった

エステサロンや美容外科で脱毛してもらえば埋没毛の心配はいらないのですが、費用がかかってしまうため自分で処理したいところです。もし埋没毛になってしまったらどのように対処すればよいでしょうか。その方法は以下のように大きく分けて3つあります。

  • 埋没毛の部分に刺激を与えないようにして洗う

  • ピーリング効果があるローションを準備し、そのローションで拭きとる

  • 皮膚科で診療を受けて、レーザー脱毛で埋没毛を処理してもらう

埋没毛になってしまうとその部分が悪化して腫れてしまうことがあります。したがって、悪化しないようにして自然治癒を待つか、脱毛の治療を受けるようにします。

恒久対策

埋没毛に対する恒久対策として永久脱毛をしてもらうという方法があります。費用がかかってしまうのですが、埋没毛の悩みからは解放されます。

処理方法の選択

ムダ毛を自分で処理するか、又は皮膚科や美容外科で永久脱毛してもらうかについてはそれぞれメリットとデメリットがあります
。したがってよく検討して脱毛法を選択しましょう。

まとめ

埋没毛,スキンケア

  • ムダ毛を自分で処理する方法は、毛抜きなどで毛を抜く方法とカミソリで毛を剃る方法がある

  • 毛抜きやカミソリによる脱毛法は埋没毛の原因となりうる

  • 埋没毛になってしまったら悪化させないように注意する

 - 埋没毛