キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

埋没毛を予防するためのポイントは角質のケアと保湿である

   

埋没毛,むだ毛,除毛

肌のトラブルはいろいろありますが、その中に「埋没毛」というものがあります。この埋没毛にならないようにするためにはどうしたらよいでしょうか。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

ムダ毛の処理方法

もしムダ毛が生えてしまったら、処理する方法は大きく分けて2つあります。まず1つは美容外科やエステサロンで処理してもらう方法です。そしてもう1つは自分で処理する方法です。このように2つの方法がありますが、多くの方は自分でムダ毛を処理をしているようです。

自分でムダ毛を処理する場合のメリットとデメリット

自分でムダ毛を処理すると費用がかからないというメリットがあります。また、自分の好きな時間に処理することができるので融通がきくというメリットもあります。
しかし、自分で処理する場合はメリットだけでなくデメリットもあります。それは埋没毛の原因になりやすいということです。この埋没毛というのは、通常は皮膚の表面から毛が生えてくるのですが、何らかの原因で皮膚の内部に生えてしまう症状です。なお、皮膚に黒いボツボツがある場合は埋没毛の可能性があります。

埋没毛の予防

それでは埋没毛にならないようにするためには、どのような予防が必要なのでしょうか。その予防法は以下のように3つがあります。

①スクラブを使った肌のマッサージで古くなった角質を落とす
②ムダ毛の処理をした後に保湿のためのスキンケアを行う
③除毛クリームを使ってムダ毛を処理する

予防するにあたっての注意

スクラブや除毛クリームは予防として効果がありますが、皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。したがって、頻繁に使わないよう注意する必要があります。
また、カミソリでムダ毛を処理する場合は逆剃りや深剃りをしてしまうと皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。したがって、逆剃りや深剃りにならないように注意する必要があります。

予防法に従ったムダ毛の処理

埋没毛にならないようにするためには、予防法に従ったムダ毛の処理をすることが重要です。常に上記①~③を心がけながらムダ毛の処理をしていきましょう。

まとめ

むだ毛,埋没毛,除毛クリーム

  • 自分でムダ毛を処理すると埋没毛の原因になりやすい

  • 埋没毛の予防のポイントは角質のケアと保湿である

  • 予防法に従ったムダ毛の処理をすること

 - 埋没毛