キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

埋没毛の原因は自分でムダ毛を除毛したときの剃り残し!

   

埋没毛,原因,対策

肌のトラブルはいろいろありますが、「埋没毛」になると痛く非常に気になります。なぜこの埋没毛ができるのでしょうか。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

埋没毛とは

埋没毛はムダ毛の除毛などを行ったときに、何らかの原因により起こる肌トラブルです。毛は本来であれば皮膚の表面から生えてくるのですが、皮膚の内側に生えてしまいます。外観は黒い点で触った感じはザラザラとしています。また、遠くから見てもわかるくらい見立つことがあります。
なお、毛が皮膚の内側に生えてしまっているため、場合によっては炎症を起こして赤く腫れてしまうことがあります。このような状態になると痛みを伴います。

埋没毛の原因

なぜ埋没毛ができてしまうのでしょうか。その原因の1つはムダ毛の処理方法であると言われています。
自分でムダ毛の除毛を行うとどうしても完全に除毛できず皮膚にダメージを与えることがあります。例えば、カミソリなどを使って深剃りや逆剃りをすることがあります。剃った後はきれいに剃れていることが確認できたとしても、毛穴を傷つけている可能性があります。また、剃り残した毛先が尖っているため何かの拍子に皮膚に刺さり、埋没毛になってしまう可能性があります。
また、ムダ毛を毛抜きなどで抜くのも原因の1つとされています。毛を抜くときに途中で毛が切れてしまうことがあります。そうすると埋没毛になる可能性があります。

埋没毛の対策

埋没毛にならないようにするには自分で処理をせず、エステサロンや美容外科などで脱毛してもらうのが1つの方法です。ただし、脱毛するための費用がかかることと、いくつかの脱毛法がありますので、事前に情報収集してどのように脱毛してもらうか決めましょう。

まとめ

埋没毛,原因,対策

  • 本来であれば皮膚の表面から毛が生えてくるが、皮膚の内側に生えてしまうのを「埋没毛」という

  • 埋没毛の原因の1つは、自分でムダ毛を除毛したときの剃り残しや肌へのダメージである

  • 埋没毛の対策としてエステサロンや美容外科での脱毛が1つの方法

 - 埋没毛