キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

顔にできるシミの1つに肝班というものがあるのはご存知でしょうか?

   

しみ,肝班,トラネキサム酸

顔にできるしみでお悩みの方は多いと思います。なぜこのようなしみができるのでしょうか。また、対策はあるのでしょうか。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

肝班というしみ

いろいろな原因により顔にしみができることがあります。そして顔にできたしみにも種類があり、その1つが肝班と呼ばれるしみです。この肝班が発症するのは30代から40代が多いと言われています。しみの中で肝班かどうかを見分ける方法は、まずはしみのふちが明瞭でないかどうかです。

肝班ができる原因

肝班ができる原因は紫外線や女性ホルモンの乱れなどが関係していると言われています。また、その他にも出産経験の有無によって肝班のできやすさが違うとも言われています。

肝班の対策

もし顔に肝班ができた場合、どのような対策をしたらよいでしょうか。そのときはトラネキサム酸という合成アミノ酸を使うのが1つの方法です。なお、トラネキサム酸は主に止血剤として使われています。このように肝班を解消するためにトラネキサム酸を服用します。なお、どれくらいの量のトラネキサム酸をどれくらいの期間服用するかについては、皮膚科などの専門医からの指示を受けることが重要です。もし肝班が気になるようであれば専門医の診察を受けてみましょう。

 - シミ、しわ