キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

むだ毛をレーザー脱毛で処置してもらう前に理解しておくこと

      2015/10/25

レーザー脱毛,電気針脱毛,むだ毛

顔のむだ毛を処理するは大きく分けて2種類あります。以下にその方法をご紹介します。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

自分で処理する方法

1つは自分で処理する方法です。 むだ毛を自分で処理するメリットは費用をかけなくて済むことです。しかし、デメリットもあります。それは完全にむだ毛を処理できない可能性があることです。

エステサロンや美容外科で処置してもらう方法

一方、エステサロンや美容外科で処置してもらう方法もあります。エステサロンや美容外科で処置してもらう場合、費用と時間がかかってしまうというデメリットがあります。しかし、完全にむだ毛を処置してくれるというメリットがあります。 もしエステサロンや美容外科で処置してもらうとしたら、どのような脱毛法があるのでしょうか。

レーザー脱毛のメリット

例えば顔脱毛の場合はレーザー脱毛があります。脱毛法はレーザー脱毛の他に電気針脱毛という方法もあります。この2つの脱毛法を比較すると、レーザー脱毛は2つのメリットがあります。まず1つは短期間で簡単に脱毛できることです。そしてもう1つのメリットは痛みが少ないということです。この痛みが少ないということはとても重要で脱毛の処置をしてもらう側にとって精神的苦痛も減らすことができるというメリットもあります。 レーザー照射の頻度ですが、通常は約3ヶ月ごとに5~10回の照射でほとんどの毛がなくなります。ただし、個人差があるので注意が必要です。

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛は照射する部位によって効果が変わってきます。例えば顔のうぶ毛はワキ毛よりも細かくなっています。したがって顔のうぶ毛にレーザー照射しにくいというデメリットがあります。また、黒くはっきりした毛で毛根部のメラニン色素が多い部分については脱毛しやすいのに対して、うぶ毛のようなはっきりしない毛には脱毛しにくい場合があります。うぶ毛がはっきりしているかどうかは個人差がありますので、レーザー脱毛の効果がばらつく可能性があります。 レーザー脱毛はメラニン色素の量に影響を受けますが、電気針脱毛は影響を受けません。電気針脱毛はニードルと呼ばれる細い針を毛根部に刺します。そして細胞を電気を流すことで破壊します。電気針脱毛でうぶ毛を脱毛することができますが、苦痛を伴うことがデメリットです。

脱毛法を選ぶときによく検討すること

以上のようにエステサロンや美容外科に脱毛をお願いする前にしっかりと脱毛法の情報収集をして、それぞれの脱毛法のメリットとデメリットを理解することが重要です。

 - 脱毛 , ,