キレイになる美容の小ネタ

ニキビや乾燥肌に効く化粧水やスキンケア、エステの情報をご紹介します。

*

肌にやさしい正しい洗顔方法とはどういうものか?

      2015/10/25

洗顔,肌,顔

私達は毎日洗顔をしていますが、正しい洗顔とはどういうものでしょうか。

スポンサーリンク
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

正しい洗顔方法

洗顔方法によって肌の状態は異なります。例えば数年後の肌を比較すると洗顔方法の違いがよくわかるようです。 基本的な洗顔方法は、まずヘアバンドなどで髪の毛をまとめて固定します。これにより髪の毛が顔を邪魔するのを防ぐことができます。次に自分の手をよく洗って洗顔料の泡立ちをよくするようにします。洗顔料を顔に塗る前に顔を少し湿らせます。この時に濡らしすぎないように注意します。なお、湿り具合ですが一度顔に水をつけて軽く拭きとるくらいがよいです。もし洗顔料を乾いた肌につけてしまうと、弱酸性の肌に急にアルカリ性のものが触れるということになります。つまり肌にとって刺激が強すぎることになります。 顔を洗顔の前に濡らしておくのがポイントです。そうすることで泡に汚れを巻き込みやすくすることができ、洗浄効果を高めることができます。なお、きめ細かい泡ほど汚れをよく落とします。したがって、顔を濡らすことと洗顔料をよく泡立てることがポイントです。洗顔後は、顔に洗顔料が残らないようによく水ですすぎます。そしてすすいだ後は柔らかいタオルで軽く水気を吸い取ります。そのときにこすらないようにすることが重要です。

洗顔するときの注意

もし洗顔料をよく泡立てずに洗顔すると肌の余分な皮脂が奪われる可能性がありますので注意が必要です。指を肌に直接触れないようにして泡を転がすように洗います。そうすることで十分汚れを落とすことができます。なお、肌を洗いすぎることで肌がアルカリ性になっていきますので注意が必要です。

 - 豆知識 ,