痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

【話題】日本人に合った正しいダイエットとはどういうものでしょうか?

   

ダイエット,話題,小ネタ

ここでは最近の話題や小ネタをご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエットの正しい意味とは

「ダイエット」と聞いて、何を思い浮かべますか? 多分、殆どの方が「痩せること」だと思っているでしょう。
実は、「ダイエット」本来の意味は、食事をコントロールして肥満防止や治療をする方法のこと。一般的には「規定食」と表現され、医療機関で行なう場合、「食餌療法」と呼ばれています。
いつの間にか日本では「ダイエット」=痩せること、減量の意味で使われるようになってしまいましたが、まずは正しい意味を理解しておきましょう。

なぜダイエットが必要なのか

食事制限,規定食

とは言っても、多くの女性にとっては「ダイエット」=食事制限のこと。「ダイエット中です」と言えば、痩せるために食事を減らしています、という意味であることが殆どです。
もちろん、ダイエットは女性だけの言葉ではありません。男性でも、規定食が必要な人はたくさんいます。
いわゆるメタボ、お腹がぷっくり膨らんで前にせり出しているような男性や身長の割りに体重がありすぎる男性も、この対象になるのです。
その他、例え見た目はそれほど太っていなくても、健康診断で中性脂肪や悪玉コレステロールが高いと診断された人も隠れメタボです。生活習慣病予防検診で引っかかった人はすべて、規定食の対象者であると考えるべきでしょう。

実際におこなわれているダイエットとは

このように、本当の「ダイエット」とは、健康になるためにおこなうものです。ところが、多くの女性がダイエットするのは「痩せてスタイルをよくしたい」からです。
大人気の米国モデル、ミランダ・カーが行なっていると聞けば、彼女と同じスタイルになるにはその食事が良いのだと思い込み、形だけ真似てしまいます。
それだけで食事を済ませたり、そうでなくても飲食量を極端に減らしたりしてしまう女性は多いです。朝食を抜いて出勤したり、サプリメントだけで終わらせてしまうのです。
当然、昼食も夕食も量を最小限にし、毎日体重計に乗って一喜一憂します。少しでも増えているとショックを受け、下剤に走ったり、食べた物を吐こうとする女性もいます。もっとすごくなると、婦人科で「生理前はむくむ」と訴え利尿剤をもらい、減量のために服用している女性もいるのです。

間違ったダイエットの副作用

このように、食餌療法によるダイエットをする場合、知識がないまま思い込みで行なうと、大変な方向に行ってしまいます。痩せさえすればいい、という考えを改め、食事のあり方を基本から学ばなくてはなりません。

「男は『死にたくないから痩せたい』と思い、女性は『死んでもいいから痩せよう』と思う」。指揮者であった岩城宏之氏(故人)

の名言です。
正にその通りで、どんな手を使ってでも痩せればいい、と考える女性は少なからずいます。そのために体調を崩し、摂食障害を起こしたりして病院通いになってしまう事もあります。
食べる事への強迫観念から、精神に異常をきたしてしまう女性もいます。何年も病院に通い、貯金もすっかり使い果たしてしまう事も少なくありません。
また、三度の食事をすべてサプリメントやダイエットドリンクで済ませる女性もいます。数週間というならまだしも、半年、1年と続けているのです。
いくら栄養バランスが取れているといっても、健康的な痩せ方とは言い難いです。人間は食品を噛み、唾液を出して胃腸に流し込むことで栄養を取り込むように出来ています。噛む事で脳が刺激され、胃腸の働きが良くなり、肥満防止につながるようになっているのです。

日本人に合った正しいダイエットとは

食事,運動,ストレス

ですから、基本中の基本に立ち返り、健康的なダイエットとはどういうものか、どうすれば均整の取れた美しい体になれるのか、を考えるべきなのです。
つまり、三度の食事を見直し腹八分目に摂る事、日頃から運動を心がけること、ストレスを軽減すること、そして睡眠を充分に取ることが、最も健康的な体を作るために必要なのです。
現代の日本社会では、ともすればすべてがおざなりになってしまいます。食事を簡単なジャンクフードで済ませたり、短い距離でもタクシーやエレベーターを使い、残業や仕事を抱え込みすぎる事によって、日本人の体は蝕まれているのです。
世界中から注目されているほど、古来の日本食は健康に良いものです。ところが食の欧米化によって、欧米人に比べて腸が長く、消化に時間がかかると言われる日本人の内蔵に合わない肉食が中心となってしまいました。
また、アルコールの摂取も増えています。アルコール自体はカロリーが殆どありませんが、含まれる糖質やたんぱく質、さらにはつまみとして脂っこいものを摂るため、飲み屋で1回飲食すると、ゆうに2000kcal超えると言います。
このような間違った生活習慣を変えなければ、本当に健康的なダイエットはできないのです。

 - 話題・小ネタ