痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

体重が減らない「停滞期」は一つの通過点だという気持ちが重要!

   

停滞期,体重,カロリー

ダイエットをしていると「停滞期」という期間が必ずと言っていいほど訪れます。この停滞期が訪れた場合、どのように対処したらよいでしょうか。

スポンサーリンク

停滞期とは

ダイエットを始めてから2週間くらいまでは、食事制限や運動をすることで順調に体重を減らすことができます。しかし、約1ヶ月を経過したあたりから体重の変化がなくなってきます。このように体重の変化が鈍くなる時期を「停滞期」と呼びます。

停滞期のしくみ

食事制限を行っていくと体重が減っていき、体が栄養の吸収を良くしようとする飢餓状態になります。飢餓状態になると少ないカロリー摂取量でも生き延びていけるように飢餓を回避します。したがって、カロリー消費量を抑えるように働きます。
停滞期は体が飢餓状態を回避するためカロリー消費量を抑えます。そのため体重が減っていかない状態になります。

ダイエットの注意点

ダイエットをしていると停滞期に入っているにもかかわらず、気持ちが焦って体重を減らそうとします。そういうときに極端に食事制限をしたり、激しい運動をして体調を崩す可能性がありますので、無理なことはしないよう注意します。

停滞期に入ったときの対処

停滞期に入ってしまうと体重の変化がなくなるため、焦った気持ちになりがちです。しかし、ダイエットをしていれば必ずと言っていいほど停滞期が訪れます。したがって一つの通過点だと言う気持ちであまり気にしないことが重要です。
無理のないペースでダイエットを続けることで停滞期を克服することができます。焦らずじっくりダイエットに取り組みましょう。

まとめ

停滞期,体重,カロリー

  • 停滞期は約1ヶ月を経過したあたりから体重の変化がなくなってくる時期を示す

  • 体が飢餓状態になってカロリー消費量を抑えると体重が減らなくなる

  • 停滞期は一つの通過点だと言う気持ちであまり気にしないことが重要

 - ■豆知識