痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

腹筋ダイエットで腹まわりをスリムにするポイントはこれです!

   

腹筋ダイエット,やせる

部分痩せを目的としたダイエット法はいくつかあります。その中でよく知られているのが腹筋ダイエットです。腹筋ダイエットはどのような方法なのでしょうか。

スポンサーリンク

腹筋ダイエットの概要

腹まわりをスリムにしたい場合、上腹、下腹、そしてわき腹の筋肉を鍛えることが重要です。もし腹まわりの筋肉を鍛えるのであれば腹筋ダイエットをするのが1つの方法です。腹筋ダイエットを行うことで腹まわりの筋肉を鍛えることができます。そして鍛えられた筋肉の力によって内臓を体内に収めることができることで姿勢が矯正され、プロポーションの改善も期待できます。

上腹を鍛える方法

腹筋ダイエットを行うにあたり姿勢に注意が必要です。背中を伸ばしたまま腹筋運動を行うと腰を痛める可能性があります。したがって、背中を少し丸めて腹筋を行うように注意します。
腹筋を鍛える方法は以下の手順になります。

①仰向けに寝た状態で両ひざを立てながら上腹部に両手を置く
②背中を丸めるようにしてあごを引きながら、ゆっくりと上体を起こす
③上腹部をさわってみて硬くなったら、5秒くらいかけてゆっくりと元の姿勢に戻していく

上記①~③を10セット行うようにします。

わき腹を鍛える方法

わき腹を鍛えることで腹まわりの脂肪を燃焼させることができます。腹筋ダイエットで上腹とわき腹の筋肉を鍛えるようにします。このように筋肉を鍛えることでウエストのシェイプアップが期待できます。
わき腹を鍛える方法は以下の手順になります。

①やや浅く椅子に腰かけて、手をまっすくに伸ばして地面と平行にする
②上半身をひねって椅子の背をつかむ
③椅子の背をつかんだ状態を5秒間維持し、その後は最初の状態にゆっくりと戻していく

左右のひねりを1セットとして上記①~③を10セット行うようにします。

腹筋ダイエットの習慣

できるだけ毎日上腹とわき腹を鍛えるための運動をするよう心がけます。はじめは無理をせずに10セットではなく5セット程度にすることも可能です。腹筋ダイエットを継続して行い習慣化することが重要です。まずは運動を始めてみましょう。

まとめ

腹筋ダイエット,痩せる

  • 腹まわりをスリムにしたい場合、上腹だけでなくわき腹の筋肉も鍛えることが重要

  • 背中を伸ばしたまま上腹の腹筋運動を行うと腰を痛める可能性があるので、背中を少し丸めて腹筋を行う

  • 腹筋ダイエットを継続して行い習慣化することが重要

 - 腹筋