痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

食事を見直すだけでメタボ対策をする方法

      2015/11/21

メタボリック,対策,食事

最近、メタボリック症候群ということばが注目されており、ダイエットと関係があるようです。このメタボリック症候群とダイエットはどのような関係があるのでしょうか。

スポンサーリンク

メタボリック症候群とは

消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと内臓に体脂肪が蓄積されていきます。そうすると肥満になり高脂血症、高血圧や高血糖などの症状になりやすくなります。この症状のことをメタボリック症候群と言います。

メタボ対策のダイエット

特定健康診断が2008年4月から始まりました。この健康診断により生活習慣病の予防やダイエットが注目されるようになりました。
メタボリック症候群を解消するためには内臓脂肪を減らすことが重要です。
ダイエットで脂肪を減らすことはできるのでしょうか。まずは食事を見直すだけでもメタボ対策をすることができます。
まずは間食をしない、遅い時間になったら食事をしない、油脂の多い食事をできるだけしないなどを守ればダイエットの効果が期待できます。また、腹八分目を意識しながら朝食、昼食、夕食の3回をとることが重要です。

ダイエットで注意すること

食事を見直すだけでもダイエット効果が期待できますが、食事の量を極端に減らしたり朝食を抜いたりするなどの過度な食事制限には注意が必要です。極端に食事を減らすと体はカロリーが不足して飢餓状態になると言われています。そのため食べたものが脂肪として蓄積しやすくなり、太りやすい体質になります。

ダイエットを継続すること

食事制限に加えて運動をすることでさらにダイエット効果が期待できますが、まずは食事の見直しから始めるのは1つの方法です。食事の見直してダイエット効果が出てきたら徐々に運動を始めましょう。

まとめ

メタボリック症候群,肥満

  • 消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと内臓に体脂肪が蓄積されていく

  • メタボリック症候群を解消するためには内臓脂肪を減らすことが重要

  • 極端に食事を減らすと飢餓状態になり逆に太りやすい体質になるので注意する

 - ■豆知識