痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

脂肪燃焼ダイエットで効果が出ない時の対処法

      2015/11/23

脂肪燃焼ダイエット,糖分,炭水化物

毎日運動して脂肪燃焼ダイエットに取り組んでいるのに全く効果が出ないという方がいらっしゃいます。そういう場合は食事に問題があるかもしれません。それではどうしたらよいでしょうか。

スポンサーリンク

痩せるために知っておくべき細胞

脂肪には大きく分けて白色細胞と褐色細胞の2種類があります。白色細胞は脂肪を蓄積させる役割があり、褐色細胞は体温を維持するためにエネルギーを消費させる役割があります。ダイエットをするためにはこの褐色細胞の燃焼効率をアップさせるよう意識することが重要です。なお、褐色細胞はワキの下、肩甲骨や首の後部などにあります。 もし脂肪燃焼ダイエットをしているけど効果が出ないという方は、食事の内容を見直して脂肪燃焼をアップさせるよう心がけることが重要です。

食事とダイエット効果の関係

ダイエット効果が出ない場合、例えば脂肪の燃焼を抑えるような食事をしている可能性があります。 もし、糖分や炭水化物を多めにとっているような食事をしていたらもう一度食生活を見直す必要があります。そして脂肪を燃焼させやすい体質にしていくことが重要です。 なぜ糖分や炭水化物の摂りすぎが良くないのかというと、これらはエネルギーとして体脂肪よりも先に使われるからです。したがって、脂肪燃焼の効率が悪くなります。

脂肪の燃焼効率を上げる方法

脂肪燃焼の効率を上げていくにはどうしたらよいかというと、できるだけ糖分や炭水化物を摂らないようにすることです。 もし、運動前に糖分や炭水化物を多めに摂ってしまったらどうなるでしょうか。急激に血糖値が上がり脂肪燃焼の効率が下がります。したがって、運動をする前に糖分や炭水化物の摂取を控えておけば脂肪の燃焼効率が上がりますので、ダイエット効果も上がります。しかし、ダイエットのために何も食べずに運動をすると体が飢餓状態になってしまいます。この状態になると脂肪を蓄積しやすい体質になる可能性があります。したがって、運動の前には炭水化物などを控えて高たんぱくの食事をすることが重要です。

まとめ

脂肪燃焼,ダイエット,有酸素運動

  • 白色細胞は脂肪を蓄積させる役割がある

  • 褐色細胞は体温を維持するためにエネルギーを消費させる役割がある

  • ダイエットをするためには褐色細胞の燃焼効率をアップさせる必要がある

 - 脂肪燃焼 , ,