痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

肥満にならないようにするためには生活習慣の見直しが必要

      2015/10/25

肥満,原因,生活習慣

肥満はどのような原因が考えられるのでしょうか。以下にその原因をご紹介します。

スポンサーリンク

肥満の原因

肥満の原因の1つは生活習慣の乱れです。まずは生活習慣を見直すことで肥満を改善することができます。 親が太っているの場合、子供も平均よりは太っている傾向があるようです。肥満の体質は遺伝するのでしょうか。ある調査によると肥満の70%は食事の取り方が原因で、残りの30%は遺伝による原因のようです。つまり、家族がいつも高カロリーの食事をしていると全員が太りやすい体質になってしまう可能性があります。

まずは記録と自己管理

痩せたいと思う方は間食、早食い、朝食抜きなどをしていないかチェックし自己管理をしっかりすることが重要です。このように運動と食事の両方に重要なのが「行動療法」という方法です。この療法はまずいつ、どこで、何を、どれくらい食事をしたかという記録をつけていきます。このようにすることで毎日の食事の何が問題となっているかを明らかにすることができます。

肥満にならないための対策

記録をつけて問題点が明らかになったところで今度は食事を見直す必要があります。例えば夜遅くに何か食べたりするとその分脂肪として蓄積しやすくなります。また、朝起きたら胃腸の調子が悪く食事ができないなど、不規則な食事になる原因を作ってしまいます。 食事を見直すだけでなく運動もするように心がけることが重要です。普段から車などを使わず歩くことを心がけます。また、エスカレーターやエレベーターを使わないでできるだけ階段を使うなどとにかく体を動かすようにすることが大切です。 食事や運動だけでなくストレスを回避することも大切です。痩せるためにはストレスは大敵です。例えばストレスで大食いしてしまうことがあります。このようにならないよう趣味や運動などでストレスを解消するようにしましょう。 肥満にならないようにするためにはまずは問題点を明らかにして生活習慣を改善することが重要です。

 - ■豆知識 , ,