痩せるダイエットならここ!

痩せるためのダイエット方法や効果をどんどんご紹介します。

*

メタボリックシンドロームを予防する方法

      2015/10/25

メタボリックシンドローム,肥満,予防

最近はダイエットの目的がタボリックシンドロームを改善するための対策やメタボリックシンドロームの予防であるという人が増えているようです。

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームの意味

メタボリックシンドロームということばをよく耳にしますが、いったいどのような意味なのでしょうか。生活習慣病と呼ばれている病気があります。これは肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であると考えられています。なお高血圧、肥満症、高脂血症、糖尿病などはこの生活習慣病に含まれます。メタボリックシンドロームとは生活習慣病などで内臓に脂肪が蓄積されることにより病気が引き起こされた状態のことです。

肥満の種類

ダイエットをする前に身体に蓄積された脂肪の種類を把握することも重要です。 生活習慣病の1つである肥満は体のどの部分に脂肪がつくかによって2つのタイプに分けられます。まず1つは皮下脂肪型肥満」です。皮下脂肪型肥満というは腰のまわり、下腹部、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプです。そしてもう1つは「内臓型肥満」です。内臓型肥満はは内臓のまわりに脂肪が蓄積するものです。別の切り口で見てみるとからだの形の特徴から「洋ナシ形肥満」と「リンゴ型肥満」といういわれ方をすることもあります。

メタボリックシンドロームの予防法

それではメタボリックシンドロームを予防するためにはどうすればよいでしょうか。それは内臓に蓄積された脂肪を取るダイエットをすることです。メタボリックシンドロームは自分ではまったく気がつかないうちに病気が進行していることもありますので、注意が必要です。まずは自分自身の体がどんな状態なのかチェックすること、そしてメタボリックシンドロームについてもきちんと理解することが大切です。そして理解することが効果的なダイエットを進める第一歩になります。

 - ■豆知識 , ,